やさしい日本語

これからは 火災(かさい)が 起(お)きやすい 季節(きせつ)です。特(とく)に「放火(ほうか)」、「コンロ」、「たばこ」には 注意(ちゅうい)しましょう!

横浜市よこはましこる火事かじ原因げんいん毎年まいとし放火ほうか」*、「コンロ」*、「たばこ」が おおいです。
*「放火ほうか」:火事かじこそうと、を つけること。犯罪はんざいです。
*「コンロ」:料理りょうりをするための ガス、電気でんきなどの道具どうぐ

とくに「放火ほうか」の 火事かじが「コンロ」や「たばこ」よりおおいです。
自分じぶんいえちかくに 放火ほうかされないように をつけましょう。
また、これからさむくなると ストーブや ヒーターなどの暖房器具だんぼうきぐ使つかうこともおおくなります。使つかい方に 注意ちゅういしましょう。ながあいだ使つかっていない暖房器具だんぼうきぐがつくか、ただしくえているかなどを確認かくにんしてください。
●「放火ほうか」からいえまもるために 
いえのまわりに えやすいものを かない。
自分じぶんいえ土地とち建物たてものなからないひと簡単かんたんはいれないようにする。
よるは センサーしき照明しょうめい*などで、まわりが えるように する。
 *センサーしき照明しょうめいひととおると 自然しぜんかりがつく電灯でんとう
・ごみをときめられたに、められた場所ばしょす。
●「コンロ」で 注意ちゅういする こと
料理りょうりをしているあいだは、絶対ぜったいにその場所ばしょはなれない。 
きゅうきゃく電話でんわひととは、してから はなしをはじめる。
食用油しょくようあぶらあぶらりょうすくないほど みじか時間じかん火事かじに なりやすい。
あぶら火事かじになったとき絶対ぜったいみずにかけない。
消火器しょうかきは すぐ使つかうことができるように ちか場所ばしょく。
●「たばこ」で 注意ちゅういすること
灰皿はいざらに たまった がらは、みずをかけてから ごみばこてる。
ながらたばこを わない。布団ふとんちたたばこのちいさなつけることが むずかしい。
かんなどを 灰皿はいざらの かわりにしない。
道路どうろなどにてることは、火事かじ原因げんいんに なる。