横浜市(よこはまし)多文化共生総合相談(たぶんかきょうせいそうごうそうだん)センター に 「離婚(りこん)について そうだんが ありました。


<そうだん>

わたしは 「日本人(にほんじん)の 配偶者等(はいぐうしゃとう)」の 在留資格(ざいりゅうしかく)を 持(も)っています。 日本人(にほんじん)の 夫(おっと)と 結婚(けっこん)してから 4年(ねん)です。 わたしたちには、3才(さい)の子(こ)どもが います。 夫(おっと)は けったり なぐったりはしませんが、わたしを 大切(たいせつ)に しません。 毎日(まいにち) ケンカをします。 夫(おっと)は 毎日(まいにち) おさけを のみます。 お金(かね)を たくさん 使(つか)います。 わたしたちの 生活(せいかつ)は 苦(くる)しいです。

これからのことが 心配(しんぱい)です。 離婚(りこん)したほうがよいか まよっています。


<答(こた)え>

心配(しんぱい)ですね。 毎日(まいにち) 不安(ふあん)なことが いっぱい あると 思(おも)います。

つぎの てつづきを してください

Ⓐ区役所(くやくしょ)で「離婚届不受理申請(りこんとどけふじゅりしんせい)」を する(夫(おっと)が かってに 離婚(りこん)の てつづきが できないようにするためです。)

Ⓐの てつづきをして これからのことを 考(かんが)えていきましょう。

Ⓑ日本(にほん)の 離婚制度(りこんせいど)について 説明(せつめい)します。

①協議離婚(きょうぎりこん)=夫婦(ふうふ)で 離婚(りこん)の 話(はな)しあいをして 決(き)めます。

②①が できないとき 裁判所(さいばんしょ)で 話(はな)しあいをして 決(き)めます。

③裁判離婚(さいばんりこん)=②でも 離婚(りこん)が できないときは 裁判(さいばん)で 離婚(りこん)を 決(き)めます

※子(こ)どもの 親権(しんけん)を 取(と)って 離婚(りこん)した場合(ばあい)は、「定住者(ていじゅうしゃ)」として 日本(にほん)で 子育(こそだ)てを 続(つづ)けることができるかもしれません。


そうだんする所(ところ): 入管(にゅうかん)外国人総合相談支援(がいこくじんそうごうそうだんしえん)センター、 行政書士(ぎょうせいしょし)

----------------

「こまったな!」 「どうしよう?」と おもったときは 横浜市(よこはまし)多文化共生総合相談(たぶんかきょうせいそうごうそうだん)センターに そうだんしてください。 11のことばで こたえます。

TEL 045-222-1209 (月(げつ)・火(か)・水(すい)・木(もく)・金(きん)ようび))(じかん10:00~17:00)(うけつけ16:30まで)

だい2・4土(ど)ようび 10:00~13:00(うけつけ12:30まで)

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square