食中毒(しょくちゅうどく)に 気(き)をつけましょう


夏(なつ)は 気温(きおん)や 湿度(しつど)が 高(たか)くなって 細菌(さいきん)が ふえます。 細菌(さいきん)が ふえると 食中毒(しょくちゅうどく)が おこります。

食中毒(しょくちゅうどく)に ならないように つぎのことを してください。

・手(て)を 洗(あら)う

・食事(しょくじ)を つくったら すぐに 食(た)べる

・お弁当(べんとう)などは、冷(つめ)たいところ[10℃(ど)以下(いか)]に おく

・料理(りょうり)は、85℃(ど)〜90℃(ど)で 90秒(びょう)以上(いじょう) 加熱(かねつ)する[煮(に)たり 焼(や)いたりする]


食中毒(しょくちゅうどく)に なる人(ひと)が 多(おお)くなったとき、神奈川県(かながわけん)が 食中毒(しょくちゅうどく)の 警報(けいほう)を だすことがあります。

「食中毒警報(しょくちゅうどく けいほう)」について、くわしいことは 横浜市(よこはまし)の ホームページで みることができます。


〇食中毒警報(しょくちゅうどく けいほう)とは/横浜市(よこはまし)

この ホームページを 開(ひら)くとき 時間(じかん)が かかることがあります。


日本語(にほんご)

英語(えいご)

中国語簡体字(ちゅうごくご かんたいじ)

中国語繁体字(ちゅうごくご はんたいじ)

ハングル

スペイン語(ご)

ポルトガル語(ご)

ベトナム語(ご)

タイ語(ご)


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事